Download

申請書・お役立ち資料
支援申請書

​輸入食品一括表記・商品規格書登録・日本商取引支援・食品検査支援・パッケージデザイン支援・コンサルティング支援

ノートパソコンと書類
図書館で学生

​申請方法

弊社担当までに申請書をE-mailにて提出

 

東京支社 kfood@atcenter.or.jp

大阪支社 kfood_osaka@atcenter.or.jp

Sample

​パンフレット・提出書類
スクリーンショット 2022-10-06 16.29.29.png

現地化支援事業パンフレット

現地化支援キャプチャ.jpg

現地化支援事業案内

スクリーンショット 2022-10-06 16.35.35.png

諮問機関リスト

ブランド封筒

提出資料サンプル

Terms of use

利用条件

① 支援対象は韓国から直輸入され、日本の検疫所を正式通関した商品に限ります。

  日本税関発行の「輸入許可通知書」を提出していただきます。

② 利用者負担費用が発生するものの中でパッケージデザイン及び食品検査費については

  一旦、すべての費用を利用者が支払い、事業完了後に弊社に費用精算申請を行って下さい。
③ 制度利用可能な対象者は日本の当局に登録してある法人企業に限定します。

④ 諮問機関サービス開始後、利用者の都合により途中でキャンセルされた場合は

  その時点まで掛かった全ての費用を利用者が負担することとなりますのでご注意下さい。

⑤ 事業申請者と輸入許可通知書記載の輸入者は一致する必要があります。

⑥ 水産物及び水産加工食品の場合、輸入企業の負担率は20%とし、残りの80%をaTが負担します。

  但し、法律一般は無料です。

⑦ 本事業は予算額に達した時点で全ての支援事業は終了となりますのでご了承下さい。

⑧ 農産食品及び水産食品を一緒に申請する場合、それぞれ申請書を提出してください。