お知らせ

2020年

【ニュースリリース】韓国錦山郡産えごまの葉、機能性表示食品に登録!

えごまの葉に含まれるロスマリン酸が花粉やハウスダスト、ホコリなどによる目の不快感を軽減します

【ニュースリリース】韓国錦山郡産えごまの葉、機能性表示食品に登録!

株式会社太成が輸入する韓国錦山産えごまの葉が7月13日に消費者庁に機能性表示食品として登録されました。


弊社は輸出有望品目の発掘の一環で2019年から韓国産えごまの葉の機能性表示食品登録を準備してきました。日本の研究機関を通じ、えごまの葉に含まれているロスマリン酸の成分が目の不快感を軽減する機能があるという科学的根拠を確認し、約2年間の努力の末、日本政府から認定を受けました。

えごまの葉は日本でも生産している野菜ですが2000年台初期から始まった韓流ブームで韓国食文化の普及も拡大し、サムギョプサルが日本でも人気となり、現在は韓国料理店、一般スーパーでも手軽に購入できるくらい消費が拡大しています。

1. 商品名   :韓国錦山産えごまの葉
2. 輸入企業名 :株式会社太成
3. 発売日   :2020年7月26日(日)より
4. 発売地域  :全国(国内)

【機能性表示食品 届出表示】
えごまの葉には、ロスマリン酸が含まれます。ロスマリン酸には、花粉やハウスダスト、ホコリなどによる目の不快感を軽減することが報告されています。目の不快感が気になる健常な方に適しています。<届出番号 F109>
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
●本品は、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
●生ものですのでお早めにお召し上がりください。

【ニュースリリース】韓国錦山郡産えごまの葉、機能性表示食品に登録!

お知らせ一覧へ