韓国農水産食品

ラーメン

バラ

韓国人一人当たりの即席めん消費量は世界一!

 街中にある多くのラーメン屋さんを見ると日本人ほどラーメンが好きな国民はいないのではないかと思いますが、一人当たりの即席めん消費量は韓国が世界一ということをご存知ですか? 世界ラーメン協会の推定によると、即席めんの2013年の韓国での年間総需要は36.3億食、人口約5000万人と想定すると年間一人当たり約73食消費していることとなります。なお参考までに日本人の年間一人当たり消費量は約43食で、韓国人は日本人の1.7倍即席めんを食べていることになります。 日本ではラーメン屋さんに行くと、お店で作っているスープと麺が提供されることがほとんどですが、韓国では外食店でラーメンを注文しても多くの場合インスタントラーメンが出されます。 また日本で鍋のシメにはご飯やうどんを入れるように韓国ではトッピング専用の即席めん=ラーメンサリがあり、鍋に即席めんを入れて食べることも多くあります。代表的なのはプデチゲで、その他トッポッキにラーメンを入れたラポッキという料理も存在します。 インスタントラーメンは日本では家で食べるものですが、韓国では外食店や様々な料理にも応用されている為、韓国は世界一の即席めん消費大国となったのかもしれません。

増加する生産・需要・輸出量

 そんな即席めん大国の韓国ですが、歴史は意外にも浅く韓国で即席めんを食べるようになったのは1960年頃といわれています。 たった50年近くでの生産量・消費量ともに飛躍的に増加し、2013年の生産量は51万トン超えました。また高付付加価値商品の投入や、PB商品の生産を増やし現在世界各国へ韓国産ラーメンを輸出しています。日本への輸出は2011年の韓流ブーム以降、減少傾向にありますが「辛ラーメン」等の認知度は非常に高く辛いながらもさっぱりとした味で日本でも愛されています。

韓国ラーメン生産現況

多様なインスタントラーメン

 韓国のラーメンと聞くと辛いラーメンを思い浮かべる方も多いと思いますが、その種類は豊富で数え切れないほどです。辛いラーメンはもちろん、インスタントジャジャン麺、ビビン麺、コムタン麺、じゃがいも麺・・・日本限定で参鶏湯ラーメン等。見た目は全く辛くなさそうなのに実はピリ辛なんてラーメンが多いのも特徴です。 また日本では主流のカップタイプであるのに対し、韓国では多く袋タイプである点も韓国即席めんの特徴の一つといえます。 日本でもインターネットやコリアンタウンで多くの韓国即席めんが販売されていますので、ぜひお試し下さい。

ラーメン