韓国農水産食品

栗

世界から愛される韓国産の栗

 韓国の栗は世界的にもその肉質と糖度が優れており、国内生産量の大部分を輸出しています。日本では韓国産の栗というと認知度がまだ低いですが、品質と味の良さから製菓等で使われている栗は実は韓国産のものも非常に多いです。

栗

栗の栄養と効能

 栗100gには、炭水化物が34.5g、タンパク質が3.5g、その他に脂肪、カルシウム、ビタミンなどもたっぷり入っているため、発育及び成長に最適です。その中でも特にビタミンB1は米の4倍、ビタミンCは果物を除いた果実類では最も多く含まれており、ビタミンDも豊富です。ビタミンCが多く含まれているため、発育及び成長促進はもちろん美容、疲労回復、風邪予防などに優れた栄養食品です。
また、栗の等分は消化のよい良質の糖分のため、胃腸機能を強化される効能があることから、お腹をこわしたり下痢の時には焼き栗を良くかんで食べるといいと韓国では言われています。また、韓国では生の栗を食べるのも特徴です。生栗のビタミンCがアルコールの分解と代謝を促進し、二日酔いにもよく効く為はお酒の肴としてもしくはお酒を飲む前に生栗を食べると効果的であると言われています。 韓国の夏バテ解消代表料理、参鶏湯の中にも必ず栗が入っているのはその栄養面を重視しているからでしょう。

忠清南道の栗

 主要な栗の生産地は忠清南道の公州(コンジュ)市と扶余(プヨ)郡です。特に公州市の正安面(ジョンアンミョン)は栗の特産地として知られています。正安は車嶺(チャリョン)山脈に囲まれている盆地で砂が多く水はけがいいことや日照料が豊富なことから栗の生育に非常に適しています。 正安で栗の木が本格的に植えられたのは1960年代末で日本品種(丹沢、銀寄、筑波等)が主に栽培されており、その大部分を日本に輸出していました。その後韓国人の口に合う韓国産品種も開発が進み、オッグァン(옥광)やデポ(대보)等の国産品種が栽培されるようになりました。

様々なマッコリの種類

栗・ピ-ナツお粥

おすすめレシピ

栗・ピ-ナツお粥

参鶏湯

おすすめレシピ

参鶏湯