韓国農水産食品

高麗人参

高麗人参

世界に認めれれた最高品質の高麗人参

 人参(オタネニンジン)の代表である高麗人参は約千年前から人工栽培されていたと伝わっており、人参の中でも最高峰のものとして世界中から好評を得ています。

高麗人参の特徴は、他の人参に比べ抜きん出たその効能と品質の良さにあり、その背景は栽培に適した地理的条件と気候条件が挙げられます。 北緯36°~38°に位置する地理的条件と180日にも及ぶ十分な生育期間(他国産は120日~130日)、そして四季がはっきりと分かれた気候条件によって人参の内部組織がより硬くきめ細かくなり、独特の香りがより強くなります。

高麗人参の栽培過程

 韓国では良質の人参を生産するため、播種から収穫にいたるまでの栽培全過程を最新の注意の下管理しています。
まず、山参が育つ環境条件にできるだけ近づけるため、栽培地域を厳選します。その後、山間の広葉樹を利用して栽培予定地域の土質が人参の生育に最適になるよう1~2年をかけて手入れをします。
良質の人参が生育するよう、生長のよい人参のみから種子を採取し、採取した種子の中でも更に優れた種子を厳選し、苗を育成します。
このように飼育された優良苗が4~6年後人の姿にそっくりな最高級の高麗人参になるのです。
また、高麗人参の成長において特徴的なのは葉が1年ごとに増えていく事です。1年目には1枚しかなかった葉が1年ごとに1枚ずつ増え6年根には6枚の葉がつきます。つまり葉の枚数を見れば現在何年目の人参なのかが一目でわかるということです!

様々なマッコリの種類

高麗人参のさなざまな種類

 人参は鮮度維持と効能強化の為に昔から様々な形態に加工されており、その加工方法・状態により様々な種類・呼び方があります。

水参(生のもの)
水参は畑で収穫したままの生の人参のことで、70~75%程度の水分を含有しています。全ての人参製品類の原料となり、通常4~6年ほどで収穫されます。表面に土がついており、頭部が発達していて短く、色はクリーム色です。足と胴体がよく発達していて重いのが特徴です。

白参(蒸さずに皮を剥いて乾燥させたもの)
水参の皮を剥いてから日干ししたもので、原形をとどめた状態で水分含量が14%以下になるよう加工された製品です。色はクリーム色で足が良く発達していて頭が短く太いのが特徴です。干した形によっては曲参、半曲参と分けることもあります。

紅参(蒸して乾燥させたもの)
水参を長期間貯蔵する事を目的として水蒸気で8回蒸した後、火を戸押してから日干ししたものです。蒸し、乾燥などの過程を経て、水分含量が14%以下になるように加工されており、サポニンをはじめ身体に良い成分を多く含みます。皮を剥かない為、皮の内側の有効成分を最大限生かすことができ、製造過程でサポニン含有量が増え濃い茶褐色になることが特徴です。

太極参
原型をとどめた、紅参と白参の間の加工人参製品でまっすぐな形をしています。水参を熱湯の中に一定時間浸け、表皮から胴体の一部をはがして干したもので表皮の色は淡黄褐色をしており、切断面は紅参に似た褐色色をしています。

様々なマッコリの種類

高麗人参の優れた効能

 高麗人参の主要成分として知られている人参サポニンはジンセノサイドとも呼ばれており、他の植物に見られるサポニンとは科学構造が異なるのみならずその効能も大きく異なります。
今まで明らかになった高麗人参のサポニンは化学構造別にプロトパナクサダイオール系(PD)19種、ロトパナクサトリオール系(PT)10種、オレアン系1種など、約30種にのぼり、アメリカ産の人参の13種、中国産の15種比べてはるかに多くの種類が含まれています。
その他にも、高麗人参にはアメリカ産には存在しないジンセノサイドRa、Rf、Rg3、Rh2が含まれており、効能が異なる多様な種類のジンセノサイドを含有しています。このようなことからも高麗人参が人参の中でも最も優れた効能があると言えます。

高麗人参

高麗人参キャラクターをチェック!

 世界各国の消費者の皆さんが安心して韓国産の高麗人参商品を選べるよう「Korea INSAM」というブランド名および高麗人参キャラクターを活用し、他国産人参製品との差別化を進めています。
韓国の高麗人参商品をお求めの際は、高麗人参キャラクターが製品に付いているかをぜひ確認してください!高麗人参キャラクターは一定の資格基準を満たし、韓国の政府機関が認定した製品にだけ付いています。

高麗人参
写真

韓国を代表する高麗人参ブランド

正官庄

写真

おすすめレシピ

参鶏湯