八道料理

咸鏡道(ハムギョンド)料理

咸鏡道は現在、咸鏡北道(ハムンプクド)と咸鏡南道(ハムンナムド)に分かれています。山岳地帯が険しく、気候が寒い地域。日本海に面しているため、山海の味が楽しめます。名物料理の咸興(ハムン)冷麺は、エイやカレイなどの刺身をのせたもの。咸鏡南道では辛い味付けですが、北側は辛くありません。咸鏡の料理は薄味ながらも、ニンニクや唐辛子の香辛料を多く使うのが特徴です。
さっと湯がいた大豆もやしを、たっぷりの漬け汁に入れて作るキムチは、あっさりとした味わいです。
<代表的な料理>
牛あばら肉のスープ(カリックク)、刺身冷麺(フェネンミョン)、じゃがいもの蒸し餃子(カムジャマッカリマンドゥ)、スケソウダラの肉詰め(トンテスンデ)、大豆チヂミ(コンプッチム)

刺身冷麺(フェネンミョン)

刺身冷麺(フェネンミョン)회냉면

刺身冷麺は、唐辛子をベースにしたタレで混ぜて食べるスタイルの、咸興(ハムン)冷麺に当たります。朝鮮戦争により北側から南側に避難した方たちが、故郷の味に思いを馳せて冷麺を作り、全国に広がりました。一般的な冷麺は牛肉を使いますが、刺身冷麺はエイやカレイなどの刺身を酢入りのコチュジャンで味付けをして、麺に添えています。エイ料理の中で発酵臭の強い刺身が有名ですが、冷麺に使うものは独特の臭いはないので、食べやすくなっています。

ビビン冷麺(ビビンネンミョン)

ビビン冷麺(ビビンネンミョン)비빔냉면 

ビビン冷麺(ネンミョン)は、辛味の強いヤンニョムが特徴的で、茹でた麺を入れて、よく混ぜて食べる冷たい麺料理です。ビビン冷麺用の麺は、水冷麺用のものよりもでん粉の配合量が多いため、コシが強いです。ビビン冷麺でカレイなどの刺身がたっぷりのったものは、咸鏡道(ハムギョンド)地方の郷土料理で、咸興(ハムン)冷麺とも呼ばれています。北の地方では辛い料理を余り好みませんが、この冷麺だけは北の人たちに好まれています。