八道料理

八道料理とは?

八道(パルド)とは、李氏朝鮮時代に決められた行政区画であり、北朝鮮と韓国の行政区画の基礎。1895年まで維持されました。
朝鮮八道は、京畿道(キョンギド)、忠清道(チュンチョンド)、慶尚道(キョンサンド)、全羅道(チョルラド)、江原道(カンウォンド)、平安道(ピョンアンド)、黄海道(ファンヘド)、咸鏡道(ハムギョンド)で構成。
現在は北朝鮮側が平安道、黄海道、咸鏡道、韓国側が京畿道、忠清道、慶尚道、全羅道で、江原道のみ両国ともに同じ行政区名が存在します。
そして、この行政区画を基準に、韓国と北朝鮮ではさらに地域が分かれています。
八道という言葉は現在も「朝鮮半島の地域」という意味で使用され、民族の伝統文化の存在を表現しています。
各道の名称は、京畿道以外はその地域において代表的な二都市の最初の名前から以下のように付けられました。

ソウルの周辺という意味 → 京畿道
忠州(チュンジュ)+清州(チョンジュ) → 忠清道
慶州(キョンジュ)+尚州(サンジュ) → 慶尚道
全州(チョンジュ)+羅州(ナジュ) → 全羅道
江陵(カンヌン)+原州(ウォンジュ) → 江原道
平壌(ピョンヤン)+安州(アンジュ) → 平安道
黄州(ファンジュ)+海州(ヘジュ) → 黄海道
咸興(ハムン)+鏡城(ギョンソン) → 咸鏡道

そして、各地域の特産を使った個性溢れる料理が八道にあります。

各地域の特産を使った個性溢れる料理が八道にあります

各地域の特産を使った個性溢れる料理が八道にあります