料理紹介

ユッケジャン

ユッケジャン 육계장 

ユッケジャンは、1930年の初めにユッケジャンに似た料理がソウルで誕生し、全国に広まりました。以熱治熱(イヨルチヨル)にふさわしく、唐辛子の適度な辛味が蒸し暑い夏に食欲を湧かし、蛋白質が豊富で気力回復にも良い食べ物です。またワラビやもやしもたっぷり入っているので、この一杯で栄養バランスの良さが特長です。熱さの厳しい大邱(テグ)では、ユッケジャンのことを「テグタン」と言い、地域の人たちに愛されています。

ソルロンタン

ソルロンタン 설렁탕 

ソルロンタンは、朝鮮王朝時代の世宗(セジョン)王が、臣下を率いて農作の神に祭祀を行ったあと、供えた牛でスープを煮てたくさんの人々に分けて食べた事から由来されています。祭祀の場所を「先農檀(ソンノンダン)」といい、ここでふるまったスープを「先農湯(ソンノンタン)」。のちに、ソルロンタンという表現になったと言われています。ソルロンタンは白濁したスープが特徴的で、必ず硝化の良いカクテギが添えられています。

カルビタン

カルビタン 갈비탕 

カルビタンは、結婚式にでるお祝い料理ですが、お店でも食べられます。カルビタンに使用されているカルビは、脂肪交錯が良く赤身がやわらかく、牛肉の部位の中でもおいしく汁物以外にも焼き物や煮物にも利用され、昔から韓国人が好んで食べている部位を一つです。骨付きのため、じっくり煮込むことでコラーゲンがスープに溶け出します。以前はカルビと水を煮込んだシンプルなものが多かったのですが、最近は高麗人参やナツメいりの栄養カルビタンが人気です。

わかめスープ(ミヨククッ)

わかめスープ(ミヨククッ) 미역국 

韓国では昔から産後や誕生日に必ずわかめスープを飲みます。わかめが産婦の体内の老廃物と塩分を水分と共に体外に排出させ、むくみを取るのに効果があるからです。産後も約1ヶ月は飲み続けるため、味の変化をつけるために、牛肉入り以外に、鶏肉やあさり、ムール貝などの貝類を入れます。また、わかめスープは産婦の実のお母さんやお姑さんが作って飲ませるため、作り手によっても味が異なります。済州島にはウニ入りのわかめスープもあります。

餃子スープ(マンドゥクッ)

餃子スープ(マンドゥクッ) 만둣국 

マンドゥ(饅頭)の歴史が古く、高麗時代に中国のウイグル族が高麗を訪れマンドゥを売ったところ、l好まれるようになりました。そして、北から南へと伝わり、全土で愛されます。中国のものと違うのは、キムチや春雨を入れること。マンドゥは福を包んで食べるという意味があることから、正月やお祝いの席、祭祀のときに登場します。正月に食べるトックというお雑煮にマンドゥを入れることもあります。日本で餃子は焼きが主流ですが、韓国ではスープ仕立てや蒸したものが多いです。

もっと読み込む