料理紹介

ワタリガニのしょうゆ漬け(カンジャンケジャン)

ワタリガニのしょうゆ漬け(カンジャンケジャン) 간장게장

ワタリガニのしょうゆ漬けには「ご飯泥棒」という異名があるほどの珍味で、韓国では専門店があるほど人気があります。歴史は古く、1600年代以前から食べられていたと言われています。1809年に刊行された料理書「閨閤叢書(キュハプチョンソ)」には、牛肉を食べさせたワタリガニをしょうゆ漬けにすると、より美味しくなるとの記述がありました。メスの産卵時期にあたる5月から6月頃のワタリガニを漬けたものが一番美味です。

白身魚の饅頭(オマンドゥ)

白身魚の饅頭(オマンドゥ) 어만두

韓国料理には魚と肉を一品に仕立てるものが多いのが特徴で、中でも代表的なのが白身魚の餃子(饅頭)です。通常はそば粉や小麦粉で皮を作りますが、餃子は白身魚を皮にしています。1719年に刊行された料理書「進宴儀軌(ジニョンイクェ)の中で、オマンドゥの記述があり、当時は宮中の宴会などで食べられていました。この料理は白身魚で作るので味が淡泊。主に夏に食べられましたが、この頃は季節に関係なく特別な日に食べられています。

いしもちの辛味焼き(チョギヤンニョムグイ)

いしもちの辛味焼き(チョギヤンニョムグイ)  조기양념구이 

いしもちの辛味焼きは、いしもちにコチュジャンたれを塗って焼いた辛味の焼き魚。韓国語でいしもちのことを「チョギ」と言います。また、いしもちの干物を「クルビ」と言って、旧正月やお盆の贈り物として人気があり、高級なものになるとケタが違います。天井にクルビをぶら下げておき、ご飯をひとすくいして、クルビを一度見つめてからご飯を口に入れ、これを繰り返してご飯を食べたという「ケチン坊の話」があるほどおいしい魚です。

テナガダコの炒め物(ナクチポックム)

テナガダコの炒め物(ナクチポックム) 낙지볶음 

全羅道(チョルラド)の務安(ムアン)はテナガダコの産地で、干潟があります。手長ダコ料理はバラエティに富んでいて、生きたままのぶつ切りをゴマ油と塩で食べるサンナクチ、たっぷり野菜と一緒に煮込んだナクチジョンゴル、そして、辛く炒めたナクチポックムと、手長ダコだけでコース料理も可能なほどです。変わったところで、タコを巻き付けて焼き上げる料理は、全羅道ならではです。秋から冬までが手長ダコが旬。この時季は特に強壮力が高いので、良く食べられます。

蒸し海老(テハチム)

蒸し海老(テハチム) 대하찜 

テハチムは宮廷料理の一つで、大えびを味付けして蒸した淡泊な蒸し物。蒸したえびの上には、卵白と卵黄の錦糸卵、岩茸、赤唐辛子、青唐辛子の五色を使って飾りのコミョンをのせます。岩茸は非常に高価な食材なので、宮廷料理では良く使われますが、一般的ではありません。長さが25cm程度の海老を韓国語でテハといい、腎臓の機能を強くして陽気を旺盛にします。また蛋白質とカルシウム・リン・ヨード・鉄分などの栄養分が豊富に入っています。

もっと読み込む